ヤなことそっとミュート

 

 

 

 

 

 

 

 

現地は断念しましたが、配信にて視認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MIRRORS

MIRRORS

Amazon

 

 

BUBBLE

BUBBLE

Amazon

 

 

 

 

 

 

 


ヤなことそっとミュート - Stain【MV】 - YouTube

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

(Re)quest −Best of Plastic Tree― 発売開始也



f:id:franca_LEDIEFAHT:20220621130948j:image

 

発売開始しております。

 

 

ファンリクエストを元に選曲された本作。正直30曲では収まりきらない名曲の数々から代表どころやこんな曲まで、なんとか30曲に絞り込んで収録されています。ああいう選曲になったのかー。

 

ちなみに私が好き勝手に30曲選んでみたらこんな感じでした。

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220621071847j:image

 

大体普通だな。右側の初手サナトリウム→バンビの「いきなり精神療養から始まる」感が気に入ってます。

一応オリアルからは(Hide and Seek以降)それぞれ一曲は入るようにしようとか考えてたけど、多分普通に選んでも大体こうなると思う。今回のベスト盤とは30曲中8,9曲被ってる選曲。入ってる方かな。

 

 

 

全然関係ないけどロマサガRSのイラスト眺めてたら有村竜太朗みたいな人おった。

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220619183257j:image

 

3作連続で櫻井敦司を出してたゲームシリーズだから多少はね? ちなみにテーマモチーフは『サーカス』らしいです。キャラクター自身はそんなプラスティック的でもなかったけど。

 

 

 

というわけでお先に聴きました。今回のリマスター、全体的にかなり音変わってない?

折角なのでベストから洩れてしまった名曲たちと各アルバムのステマも盛り込みつつ……。

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220621231554j:image


 

一曲目は『割れた窓』。HaS収録曲でも一番新旧どちらでも聴いている曲だなー。原曲は当時のサウンドと歌声ならではの賜物なんだけど、そこからよりヘヴィに鋭くなったRebuildも素晴らしい。

・『Hide and Seek』より やっぱり入ってほしかった曲 『水葬。』

 

・『Puppet Show』より リクエスト足りなかったとは言わせない曲 『本当の嘘』『サーカス』

 サーカスは「この曲はまだ本当の完成はしていないから」的なそういうやつかな……

 

『Sink』、流石に知ってる曲でもあったけど、聴いてて一番に思い出すのは千葉にいた頃、大型台風で長期停電・水道止まったその夜に空っぽ状態なコンビニの駐車場でずっと聴いてた記憶。夜の粒子状の闇が〜って。

余談も超余談なんですけど、竜太朗さんの出身地が福岡→千葉なの(実際はもっと転々としてたらしいけど)、自分と一緒なんですよね。市町村は違うけど。転勤族育ちなんだなーと思うとなんとなく見えてくるものがある気もする。何でプラの歌詞がしょっちゅう忘れたり失くしたりばかりしているのか とかw(薄化粧の時とか結構九州の人らしい顔つきだよね)。

・突然の転校引っ越しって景色のスピードが早くなって僕は立ち尽くしたって感じかもな曲 『Parade』より 『スライド.』

 

プラネタリウム』とかいう最高の名曲、次回のSymphonicでやってくれんか……

 

『散リユク僕ラ』Single ver.で入ってるじゃん。もしかしたら初アルバム入り? 実はシングル盤はたまたまブコフで買えたものを持っていたり(B面の『ギチギチ』は救済されないのか……)。

・『トロイメライ』より いかにもベスト向きじゃないけどかなり好きな曲 『千葉市若葉区、6時30分。』『懺悔は浴室で』『赤い靴』 

むしろ『雨ニ唄エバ』がしっかり入ってきてよかったわ。

 

・今回一曲も入らなかった『シロクロニクル』より 入ってもよかったろう曲 『イロゴト』『ナショナルキッド

 

・『cell.』より表題曲、聴いたら絶対アガるというくらいめちゃくちゃ好きなんだけどなー。

 

空中ブランコ』の歌詞、全編「声に出して読みたい日本語」。不揃いでも翼を手に入れたら  きっと僕ら上手に飛べるから。ブッチがこの曲についてはケンケンに自分の叩き方を教えに来たという話が熱い。

・『シャンデリア』より 良い意味でA面集のようなオリジナルアルバムなので選出が問われる曲 『Ghost』『ナミダドロップ』『Puppet talk

 

 

「壊れながら 失いながら 僕らは加速してつき進む

 我を忘れ 時を忘れて いつかセツナイモノに変わったなら」

Rebuild、収録。

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220621231614j:image

 

 

バラード2曲が選出となったもののアルバムトータルとしてはヘヴィでクールな方向性が高い人気を誇る『ネガとポジ』(自分が最初に上げた『眠れる森』と『ザザ降り、ザザ鳴り。』もアルバム代表としてはアレだが)。それでも『真っ赤な糸』は美バラードながらも今作のハードさソリッドさがしっかり満ちてる。やっぱり良い曲。

・そんな名盤『ネガとポジ』より 一曲一曲が競争率高そうな曲達 『egg』『アンドロメタモルフォーゼ』『hate red, dip it (loudest sound edit.)』

 

『ゼロ』が入ったの、良いよね。色んな意味で当然という気もするけど。トリビュートに入ってた曲って感じでそんなに聴いてこなかったの勿体なかったな。

 

・覚えていてね、黒猫よ 『ウツセミ』より表題曲

 前に自分が書いたものを見返してたら『うつせみ』について、「ポップスとシューゲイザーPlastic Treeの最大公約数みたいな曲」とか書いてて良いこと言うな(何言ってんだコイツ)と思った。

 

・『ドナドナ』より……最近牛さんを運ぶトラックをよく見るんだよなあ 『サナトリウム』『エとセとラ』

 

『バイドパイパー』、意外すぎるだろ。

 

アンモナイト』は竜太朗がギラン・バレー症候群を患ってから療養明けでの作品だけど、ナカヤマアキラは本作について「相当出来上がった頃のPlastic Tree。下手したらリハーサル無しでどこでも突っ込めるみたいな」とのこと。実際これ自身も良いアルバムだし次に出来てしまうのが『インク』と『Hide and Seek Rebuild』なので、アキラ氏の言葉通りのバンドの熱だったんだろうな。

・そんな熱と自力の強さを感じる『アンモナイト』より 『Thirteenth Friday』『バンビ』『spooky』

 「よし、プラをちゃんと聴こう!」と思ったきっかけはThirteenth Fridayでしたね。どこで自分の琴線に触れたかの重要な記憶。

 

・幻と化してしまいつつある傑作盤『Hide and Seek Rebuild』

 これが手に入らないPlastic Tree「MOTHERが手に入らないLUNA SEA」くらいの損失だろ(そんなにか?)(そんなにかもしれないのだ)。

 

・『インク』より 自分的には入れないという選択肢はない曲 『インク』『てふてふ』

 

・ミニアルバムでもどの曲がお好みかは人其其。 自分は『echo』より 『影絵』

 

『剥製』、『フラスコ』こそ入らなかったものの『マイム』『スロウ』に『剥製』と流石の選出。

でも10年代前〜中盤プラの集大成みたいな印象のある曲はやっぱりフラスコなんだよな。インク〜剥製期は唯一無二の哀憐な空気感が出ててアルバムトータルで好き。

 

・そういえばゲーム一応やってみようと思ってそのままだな 『doorAdore』より 『サイレントノイズ』『scenario』

 

 

・もはや懐かしくすらある2020年の現最新アルバム 『十色定理』より 『メデューサ

 

プラもまたアルバム完成してこれからツアー、という矢先にコロナ禍となってツアーは見送りになってしまったんだけど、そこから早い段階で着々と配信ライヴを行い、また無声を逆手にとったようなSymphonic公演、そして形を変えての十色定理ライヴの貫徹と舵を進めてきた。当然厳しい局面だっただろうけれど、傍から見える雰囲気はある種淡々というか、超がつくほど地道に蓄積を続けてきたところがプラらしい。また竜太朗もどこかで「今までのアルバムを出し続けるルーティンのあり方を見直せた」みたいなことを言っていたと思うので(いや曲自体は出し続けてほしいけどね)、今のプラはどんな曲を引っさげてくるのか凄く聴きたいなあと思う。

 

 

 

とにもかくにも、まずは本ベスト盤をセトリに組んだツアーがあるのです。何処かで行ければ。行きたい。

 

 

今のPlastic Treeによるベストアルバムとライヴツアー

永遠の暗黒内向少年の  落ちていくサーカスと  また見上げる空の水槽を

ご一緒に

 

 

画メモ:Natalia Drepina

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025148j:image

 

Natalia Drepina

ロシア

居住地:Lipetsk

好きな音楽のジャンル:アンビエント、フューネラルドゥーム、ダークウェーブ、ネオクラシック、ダークフォーク、ゴシック、エーテル、デプレッシヴブラック、ダークエレクトロなど

好きな芸術スタイル:シュール、エモーショナル、ヌード

(Profileより)

 

DeviantArt https://www.deviantart.com/nataliadrepina (R18有)

 



f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025233j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025341j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609101104j:image

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025427j:image

 

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025519j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025533j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609100945j:image

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609025544j:image

 

めっっちゃくちゃ良い。時間があっても見きれないほど膨大なピクチャが並んでいて、そのどれもが「好き」しかない。

 

動画も投稿されてます。

 


In memory of Autumn - YouTube


The Age of Anxiety - YouTube

 

 

眺めていて気になったのが、彼女のピクチャの殆どに人の姿や部位が写っていること。この手のアーティストさんは人の姿を排したピクチャの割合が高めなイメージがあるので。

 

むかーしたまたまテレビでアドルフ・ヒトラーの画家時代を取り扱った番組をやっていて、「ヒトラーはほとんど人の姿がある絵を描かなかった。それが精神分析的に彼の心理をうんたらかんたら」と。そんなの関係あんのかいなと思ったが、自分もまた人のいない場所にわざわざ遠出するタイプだったのでちょっと不安になった。

今でも一人で出かけるのは好きだが、誰もいない閑散とした景色を見てうっとりしながらふとその番組のことを思い出してしまう。私は好きな音楽:eminemでもないしアドルフ・ヒトラーも好きじゃない(虐殺行為はNO)。

まあその番組の言っていたことを真に受けるのかは別にして、でも彼女のピクチャたちを見ていると「ああ、丁寧に “人” を撮ってるんだなあ」と思ったり。人の姿を入れるにも入れないにも その方の意思はやっぱりあると思うから。知らんけど。

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220609031440j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

東京酒吐座の最新アルバム『月世界遊泳(Moonworld Playground)』が届いた。最高だこれ。

幽玄で美しい歌モノに、包み込むような騒音。(それこそ方向性に差異はあれどPlastic Treeの傑作盤『Hide and Seek Rebuild』と同じものを感じるが、何と言っていいものか)。ていうか中盤の数曲なんかはそのままプラの曲っぽいドラムを叩いてるような、多分。

Natalia Drepinaのピクチャにもマッチするかどうかは、それは聴いた人の受け取り次第。

 

 

 

あ、Plastic Treeもオールタイムベスト盤出るので全人類よろしく。

 

 

swing,singのプレイリストが面白いなあという話。そしてSUGIZOのSHAG。

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220606031902j:image

 

 

 

 

君はジャズを聴かないこと私。1stイベントでも格好良さげなステージを魅せていたswing,singさん発のプレイリストなどから聴かせていただいてるんですけども。このプレイリスト、ジャズを知らないなりに聴いていたら面白い。こんな感じ。

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220606033133j:image
f:id:franca_LEDIEFAHT:20220606033140j:image

 

どうなんだ。古典的名曲から最新、どころか「この辺まで入るのか!」という辺りまでが『ジャズ』の名の下に網羅されている。

もしかしたら分かってる方々からすれば「超定番どころとどポップなの混ぜただけじゃねえか」と言われるようなものかもしれない。が、いや日頃ジャンル意識という派閥争いにさらされている者からすれば見事なリストだと思う。Moanin'とTiaと風になりたいが(よりによって音楽ジャンルを器に)一つにまとまっているプレイリストなんて中々だろう。

こんなんヴィジュアル系で言ったらTHE ORAL CIGARETTESももクロと真矢with椎名へきるが混ざってるようなもんなんじゃないのか。†暴動†起きるわ。いや、というか100年以上の歴史を持ち海外から来た万人に喜ばれる音楽ジャンル30年ちょっと前に日本国内で発生して以来物議の絶えないVIJUARU-KEIを同列に計ろうとすること自体がおこがましいのか。まさに器が違う。

だがしかし、上のプレイリストには「とりあえず有名どころやウチと相性良さそうなのでまとめてます」には収まらない “巧さ” があるのではないかと思う。自分もなにかとテーマを括ってプレイリストを作るのが趣味の人間ではあるので、このレパートリーで勝負に出る強さは伝わってきたはず。楽曲コンテンツとしての勝負気と自信がなきゃ公式からこれは出せないでしょ、みたいな。某V系リズムゲームは保守的の極みたいになってきてるので見習ってほしいぞ。

 

 

あと、最近「プレイリストの作成・共有」というものを明確にコンテンツ化する流れが始まってきているのも面白い。swing,singからは「キャラクターによる推薦セレクト」というのも発表されているし。

いよいよこういうのも始まっていくんだなあ。

とあれswing,sing、まだ離陸したばかりというところだろうがきっと格好いいコンテンツになるはずなので楽しみ。

 

 

 

他、最近ではSUGIZO率いるSHAGのKy. 別所和洋さんの “パジャマで海なんかいかない” を聴いた。しっとりオシャレで良かった。


Blue - YouTube

 

 

 

 

 

 

 


SHAG / THE CAGE from LIVE STREAMING FROM TOKYO - YouTube

 

 

すっかりお馴染みになってしまったSUGIZO

京都には多分行けないけど、今特にSHAGには触れておきたいという機運が多重にある。

丁度ひょんな物思いから1st『TRUTH?』を聴いた時は好きじゃなかったSUGIZOソロをちゃんと聴こうと回っている最中だったこと。

丁度swing,singのおかげでジャズ方面を気にしているタイミングだったこと。

そして、「V系という器(ジャンル)」への個人的な回答として。V系と称されながらも音楽シーンを開拓していったLUNA SEAメンバーや各人たちのことは心から敬愛しているけど、その彼らに「V系っぽさ」を押しつけようとする流れには私は乗りたくないよ、ていう。型にはまらなかった人達なのだから、これからも型にはまらず凄いものを提示し続けてほしい。SHAGを追うことがそのまま「私とヴィジュアル系」の最大の回答なのだ。

 

そもそもSCHAFTとzilchがあまり語られないV系讃歌とは……とも思ったりするし。SHAGがSUGIZOサイドからのSCHAFT, zilchと言えるのか(ジャンルの違いは別としても)──は、それはまた。

 

 

開拓する人々はどこまでも心置きなく開拓し続けてほしい(最近私が再燃しているサガシリーズと制作者・河津神にもずっと同じ思いを抱えている)。昔の焼き増しを要求し続ける層よりは、私はついて行こうとするはずだから。

 

メヌエット、来たる

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601061113j:image

 

 

 


Romancing SaGa : Minstrel Song OST : Opening - YouTube

 

 

“エロールは賢い神だな。人間を力弱く作った。力が無いから、知恵がいる、勇気がいる。”

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601061131j:image

 

“エロールを出しぬく智恵も無いと言われては、冥府の主として捨て置けぬな。煉獄に1000年繋がれし霊魂を解き放ってやろう。”

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601061518j:image

 

“今、戦ってるのは神々じゃなくて人間なんだよ。”

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601061000j:image

 

“Are you 勇気は HIPの YOU。本当の勇気とは別のものDa。”

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220602021729j:image

 

 

 

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601061207j:image

 

 

サガフロ2アンサガ「知恵とか勇気とか、そんなんじゃねえよ。そんな風に思いこまねえと俺自身が前に進めねえんだよ。」

というわけで(ロマサガ1枠というのもあるだろうけど)2作より先に来てしまったミンサガ

サガシリーズ、いや全スクウェア系ゲームタイトルの中で最高傑作だと言い切ってもいいかもしれない。少なくとも私が「RPG」だと感じるものは全てこの作品に詰まっている。冒険の自由と緊張、逃れえぬ運命、一人の主人公のために用意されちゃいない広大な世界、バトルスキルと移動スキル、技の閃きと術の開発、こちらの立ち回りとは別に進行していく人々や世界、現在と歴史と伝説が一繋がってゆくロマンシング……

 

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601201215j:image

もう完全にサガのスイッチが入ったので勢い始めてしまった。

ロマサガ3、サガにしては品行方正というか抜きん出ているものがない(※完全に個人の意見です)イメージだったからそんな好きじゃなかったんだけどね。でももうやるよ!

 

関係ないけど昨年のテレビゲーム総選挙とかいうやつにサガが一個も入らなかったとかいう話ちょっと引きずってる。私は投票自体しないけど(そういうとこや)。私に言わせれば大半のサガが有名FFタイトル群よりも上に君臨するんだが? サガは最強。そのなかでもこのミンサガが最強なのだ。真の最強さんはスカグレかもロマサガ2かもしれん。

FFはなんだかんだピクセルリマスターでもう十分満足しちゃったわ……(FANTASIANは必ずやります)

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601225602j:image
f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601225610j:image
f:id:franca_LEDIEFAHT:20220602021654j:image


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220601203524j:image

今後やってるかもしれないオタクのこと

・サガをやる

・ヘブバン──更新がスローペースなのでそれに合わせて。曲買う。

・swing,singどうなる。曲よかったので買った。

 ジャズを聴いたり聴かなかったりしてる

・他のゲームも始めた(コメントするのめんどくさいのであまり名前出さないがち。特に有名タイトルではない)

・富野が「そもそもガンダムじゃないしガンダム好きな人向けの作品でもない(意訳)」とか言ってたGレコ見る

Aqoursの東京ドームって配信あんのかな?

・その他諸々継続

 

 

ミンサガのおかげで一気にアクセルを踏んだ気がするけど、まあやりたいことをやれる時にやってるだけです。

 

画流しメモ:Nir Hod ……そしてBTゆかりのあのお店

 

基本自分が何か気になった時のための覚え書きなんだけど、「3日坊主RTAかよ」みたいになってても何なので。以前から好きな作家さんから。

 

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525125909j:image

 

Nir Hod(ニール・ホッド) 

1970〜 イスラエル

ニューヨークとイスラエルを軸に活動。

 

ホームページ http://www.nirhod.com/

 

 


f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130021j:image

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130039j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130052j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130101j:image

 

 

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130126j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130138j:image

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130148j:image

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525130156j:image

 

 

 

 

 

燃えている花の絵は、個人的にBUCK-TICKの大名曲『FLAME』のイメージピクチャ。いや何勝手に決めてんだって感じだけど、初めて見たときに「FLAMEだ……」てなったというか、あのアウトロが聴こえた気がしたので。

 

 

 

FLAME

FLAME

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525125920j:image

 

 

花が咲き乱れる様に、花が死んでいくように、君が咲き乱れる様に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ と呼ぶのは憚られる

高円寺北にあるアンティーク店『LECURIO』様。

 

 

 

もう何年も前から別個のルートでフォローさせていただいてたんですけども、明くる日突然BUCK-TICKのCDアートに使用してもらった」と言われて驚きひっくり返ったという思い出。

 

 

 

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220525222603j:image

 

 

ああ世界は狭くて闇で満ちている。

 

ロクス・ソルスの時にお店に寄らせてもらいました。店長さんにBUCK-TICKのことお伺いしたり(笑)(ビクターの人が訪ねてきて、何に使うのかと思ったらBUCK-TICKだったんだって)。小さいものを幾つかお買い上げしてロクス・ソルスに向かいました。

少し前に盗難被害にあわれてしまっていたので、誰もそんなことしないでほしいですね。必ずまたお買い物に行きます。

 

 

 


BUCK-TICK / 「Moon さよならを教えて」ミュージックビデオ - YouTube

 

SSF04に行きました

 

 

全体的に初めてでした。

 

 

これは帰りに食べた刀削麺

f:id:franca_LEDIEFAHT:20220522224901j:image

 

 

 



f:id:franca_LEDIEFAHT:20220523000115j:image

 

ありがとうございました。読んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 


遊戯王5D's みらいいろ 歌詞つき.wmv - YouTube

そういえばみなとみらいだったわ(笑)。壊れそうな花、ツギハギの願い。

 

 


Sugizo - Rest in Peace and Fly Away - YouTube

お馴染みSUGIZO。行き帰りに「これシャニマスだろ」って思いながら聴いてたインスト曲。

 

映画もちょっと前に見たんすよ。トラウマと夢想の檻を終えて空の下を歩いていくエンディングで流れるメインテーマ曲。うーんこれは名曲だ。